USSはガス屋さん、住設工事屋さんのためだけにサービスを提供する会社です

スマホ de USS

過去の「スマホdeUSS」一覧はこちらから

2020年2月10日掲載

松本勝也選手を悼む


尼崎ボートレース場(兵庫県尼崎市)でボートレーサーの松本勝也選手(48)がレース中に転覆。後続艇と接触して病院へと搬送されたが、午後4時12分、西宮市内の病院で死亡が確認された。
「第63回近畿地区選手権競走」と銘打って行われた、強豪が集うG1競走の第4日、第9レースの1周2マークでの出来事だった。
関係者によると、事故後に直ちにレスキュー艇によって救助されたが心肺停止の状態。AEDなどで蘇生作業を行ったが実らなかった。

というショッキングなニュースが昨日(2月9日)のヤフーニュースで告げられた。

松本選手は尼崎ボートレース場(通称センタープール)を本拠地にするA1(最上位ランク)の選手で、派手さはないが堅実なレースをする尼崎ではなくてはならない選手であった。

競艇(ボートレース)のレース事故で亡くなった選手は今回で31人目となる。

死亡事故の原因のほとんどは転覆して水面に浮き上がった選手の上を後続のボートが乗り上げでそのスクリューに当たって亡くなるというのものだ。

今回も現場にいたわけではないので、詳しいことは分からないが多分そうだろうと思う。

そもそも競艇は競馬や競輪と同様ギャンブルのひとつとして存在するが、競馬や競輪との決定的な違いがある。それはエンジンが付いているということだ(オートレースも同様)。

つまりギャンブルであると同時にモータースポーツとしての側面も持つ。

当然競馬や競輪に比べスピードも圧倒的に速い。

今回のように死に至る事故は珍しいが、水上の格闘技と言われるように事故と絶えず背中合わせの危険な競技であることには違いない。

一競艇ファンとして、松本選手のご冥福を祈ります。合掌。

 

ページのトップへ戻る